3DSLLが壊れたので、任天堂に修理に出してみた

2016年01月06日(水曜日)

12月に3DSLLの左側のアナログスティックが壊れたので、修理に出してみたお話です。

アナログスティックが壊れる

モンスターハンター4を買った時に同時に買った3DSLLですが、アナログスティックが壊れたので修理に出してみました。

新しい3DSLLも出ていたので、買うか修理に出すかで迷ったのですがモンスターハンターしか3DSでゲームをしていなく、このために新しいのを買うのが嫌だったので修理に決めました。
モンスターハンター4Gのころからアナログスティックの調子がおかしかったのですが、壊れるほどではない間にプレイするのも終わり
今回も壊れずに済むと思ったのですが・・・。モンスターハンタークロスをプレイして数日でダメに。

1

アナログスティックの上の部分の写真です。これはアナログスティックの動作が悪かったので、治らないかなと自分でいろいろいじっていたら取れてしまいました。

ここまできてこれはもうダメそうと思い修理に出すこと決定。調べたら任天堂のホームページに修理の出し方の手順ページがありました。

オンライン修理受付からの流れ

ここを読むと「オンライン受付」をすると修理の値段が5%オフになるということなので、こちらで申し込むことに。

詳細は上記のページで確認していただき、ざっくりな流れは

  1. HP上でお客様情報や修理の内容を入力(ここで修理見積もりの金額を設定し、何円以上だったらメール連絡をしてくれるように設定できる)
  2. こちらで梱包し、宅急便で発送する
  3. 修理センターについたら受付完了メールがくる
  4. (修理見積もりがこちらの希望以上の値段だったら確認メールがくる。希望内の値段だったら何もなし)
  5. 修理完了後修理品発送のメールがくる
  6. 着払いで修理代を払い受け取る

となります。

修理にかかる期間と値段

修理期間ですが、私は「アナログスティックの取り換え」と「下画面周りの外装取り換え」(ヒビが入っていたのですがこちらも直してくれました)でちょうどこちらから発送して1週間で帰ってきました。(修理期間は季節(年末年始など)や修理内容と混雑具合により大きく変わります)

また値段ですが、こちらも人それぞれになると思いますが、私は4000円後半でした。修理見積もりは5000円以上だったら連絡をもらえるようにしていたのでちょうど収まった感じです。

2

ちなみにこちらから修理の発送先は京都なのですが、修理センターが和歌山にあるのか帰りは和歌山から帰ってきました。なので住んでる地域によっては輸送でもっと時間がかかるかもしれませんね。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。