万博記念公園にある水族館「ニフレル」に行ってきた

2019年08月24日(土曜日)

披露宴が終わった次の日、太陽の塔と「ニフレル」という水族館に行くのでまずはニフレルの行ったお話。

披露宴諸々が終わった次の日は万博記念公園に向かいました。

大阪メトロ御堂筋線+北大阪急行電鉄に乗って北上


  • 高速道路に挟まれた線路

そして、千里中央駅で大阪モノレールに乗り換え


結構高いところを走るので怖い

万博記念公園駅に到着。


  • 駅からは太陽の塔が見えます。大きい。

  • 駅内にあるオブジェ

  • この駅で大阪モノレールは分岐するので線路がクネクネ

  • 駅構内

駅を出て暫く進むと太陽の塔などがある方向への入口があります。
ここで道行く人を見ていたらみんな子供は荷物運び用のカートに乗せてたので、関西は子供はカートに乗せるんだなって認識になりました。

太陽の塔へはあとで行くので人が吸い込まれるのを見送り、ニフレルがある反対の方向へ。
まだ待ち合わせまで時間あったのでららぽーとでしばし休憩。


  • ガンダムとザクの戦いがおこなわれていました

  • 大きい観覧車(オオサカホイールというらしい)

そして、ニフレル入場。

館内はとてもきれいな空間になっていました。裏からも表からも見える水槽が多かったと思います。


  • オジサンの成れの果て

  • アート的なもの、FF14のシグマの実写版。

  • 大きいワニ


この小さいカバは最近(訪れた日)生まれたそうです

鳥が放し飼いされているエリアもありました。


  • 鳥は結構自由に移動できるエリアでしたが、人は中央部分しか歩けないようになっています。

  • 手すりにとまってるペリカン

一番印象に残っているのは指を水槽に入れると、皮脂を食べに魚が集まってくるスペースがあったのですが、なぜか自分の指にたくさん魚が集まってきたところです。

このあとは太陽の塔に向かいました。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。