常識は、敵だ。

2011年06月09日(木曜日)

タイトルに使用しているコピー、「常識は、敵だ。」ですが、これは以下のJRAのCMに使われているコピーです。

2011年GIプロモーションの第一弾CMになります。さて、このCMシリーズはそれぞれタイトルに使ったようなコピーが入っていて、とても面白いのですが競馬を知らない人orその馬のことを知らないと全然分からないものになっているなと思いました。

そこで、自己解釈で解説をしてみようかと思います。

ミホノブルボンとは

2011皐月賞のCMに出ている馬「ミホノブルボン」がどういう馬かというと、成績が8戦7勝。無敗の二冠を達成し三冠を目指した菊花賞で2着に負けその後故障により引退しました。

常識は、敵

そして、注目すべきは「ミホノブルボン」の血統にあります。サラブレッドはその名の通り血統が大切です。両親が得意にしていた距離やその先祖を見てこの馬はどの距離が得意そうかとか判断します。(もちろん実際走ってみないとわからないですが、だいたいの傾向はあります。)

父のマグニチュードという馬は自身の成績は勝数0というものですが、種牡馬として短距離を得意とする馬を輩出していました。(ただ血筋だけ見ると特に短距離血統ではないみたいですが)。
ですので、周りは「ミホノブルボン」は短距離馬なのではないかという見識があったのです。

しかし、坂路で調教をハードにこなし、結果長距離の菊花賞は負けましたが2着に粘っています。
というわけで、「常識は、敵だ。」はとても馬に合っていてかっこいいなと思いました。

参考リンク

コメント

常識は、敵だ。” への1件のコメント

  1. […] 以前一度紹介したCMですが、一年を通じてのシリーズでしたので、改めてご紹介します。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。