ジャスタウェイ・ハープスター・ゴールドシップから見る、凱旋門賞を勝つ条件

2014年10月19日(日曜日)

今年も凱旋門賞が過ぎていきました。今年は日本から3頭も参戦しました。

今回の結果

まず今回の結果ですがとても残念でした。見せ場すらもなかったですね。ただ自分の考えて的にはこういうのもありそうだなと思っていました。

なぜなら去年は2頭とも現地で前哨戦を叩き尚且つ結果を出していたのに比べて、今年は札幌記念と安田記念からの直行というローテションだったからです。これが過去にもフランスで出走経験がある馬ならともかく、3頭ともフランスは初めてです。なので経験的に惨敗も想定していました。

その点ハープスターは健闘したとも言えますが、いつもの大外一気でどうにかなるものではありません。オークスでもそれで負けてますからね。

ハープスター 6着

ハープスターについては実力差はそこまでなさそうな感じを受けました。ただ調教師が「後ろから回って届かなければしょうがない」というタイプなのが残念でした。

川田騎手はハープスターの阪神JFで苦言を言われてましたから、今回もその指示通りだったのだと思っています。ただそれで勝つのを可能にするには抜けた力が必要かと思います。

ジャスタウェイ 8着

安田記念からの間隔と距離が微妙そうなので内で回って折り合い重視という印象でした。それを考えると自分的には妥当かなーと思いました。

レース後のインタビューで福永騎手も言ってましたが、結果的にはもっと前でもよさそうでしたね。

ゴールドシップ 14着

この馬はとても気まぐれなので、最初に前に付けられなかった時点でダメそうと思って見てました。気分次第と思ってたので今回はダメだったかという感じです。あと古馬になってからは右回りで直線に坂があるコースしか走りませんし。

  • img01

勝つためには

それで今回の凱旋門賞を見て勝つためにはどうすればいいのかという事を考えてみました。

レベル的にはもう十分勝てると思います。あとはフランスの馬場に合うことと、前哨戦なりを使って実際の現地の競馬を体験させることだと思います。

騎手

私は現地の騎手を使って勝っても意味がないと思っているので、当然日本人騎手で勝って欲しいです。

そのためにはやはり経験が必要に見えました。日本とはレース内容が違う競馬なのですから。今は昔の武豊騎手らのようにランキング上位で長期遠征する人がいないですね。

位置取り

やはり後ろからは前が全部潰れたりしない限り難しそうです。中団より前。さらに長くいい足が使えるタイプが良いのでしょうか。

  • img02

これから挑戦すべき馬の条件

まとめると、

  • せめて前哨戦が使える期間遠征できるオーナー
  • 騎手が欧州競馬のある程度の期間経験あり
  • 馬群に屈しない馬
  • 欧州の馬場に合う馬
  • 前目のポジションを取れる馬(ペースによるけど)

なのかなと思います。

  • img03

と言ってもこれを全部ひっくり返すぐらい強い馬も出てくる可能性は当然あるわけですがそれに期待していてもしょうがないので、戦略的なことが必要と思いました。

凱旋門賞に日本馬が参戦するととても楽しみなので、今後も参戦していっていつかは勝って欲しいです。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。