宇宙の賞金稼ぎ、カウボーイビバップを見ました

エンターテイメント

昔TVでちらっと見て気になっていた、「カウボーイビバップ」をレンタルして見終わりました。

カウボーイビバップとは

2071年の火星を中心とした太陽系を舞台に、宇宙船「ビバップ号」に乗って旅する賞金稼ぎ、スパイク・スピーゲル、ジェット・ブラック、フェイ・ヴァレンタインら乗組員の活躍を描くハードボイルドタッチのSFアニメである。

感想とか

アニメ全26話中と映画「天国の扉」を見ましたが、この作品は特に世界観を説明するような話はなく、キャラクターに焦点をあてた物語が進んでいきました。キャラクターに関した話のついでに世界感がある程度わかるようになってます。
また、全体的には物語が繋がって進んでいきますが、基本的な事象は一話完結のような感じです。

音楽もよく世界観とあっていて、すごいかっこ良いなと感じました。

映像

音楽が全体的にいいのですが、特にオープニングは印象に残るものなのでこれだけは聞いたことあるという人もいるのではないでしょうか?

オープニング
エンディング

ブルーレイBOXが発売

放送されて随分たちますが、少し前の2012年12月21日にブルーレイBOXが発売されました。

COWBOY BEBOP Blu-ray BOX (通常版)

またそれに合わせて公式サイトに、プロモーション映像がのっています。新規ナレーションのものもありますよ。

というわけで、カウボーイビバップのお話でした。


コメント

タイトルとURLをコピーしました