実況パワフルプロ野球2012のプレイした感想

エンターテイメント

前回やったのがいつだか忘れましたが、久しぶりに実況パワフルプロ野球を買いました。そこでプレイして気になったところを書こうと思います。

ちなみに実況パワフルプロ野球は私の「三大たまにやりたくなるゲーム」のひとつです。(あとは「グランツーリスモ」と「ウイニングイレブン」です。「ウイニングイレブン」は持ってませんが。)

パワプロ2012のここが使いづらいよ

実況パワフルプロ野球2012

守備

前回やったのがいつの年のか忘れるぐらいプレイしてないので、結構変わってるだろうと想像はしていましたが、これはちょっときついなと思うものがあります。

それは選手の守備の「動き」です。

恐らくリアルさを追求したためなのかと思いますが、ボールが近づいてくると勝手に選手が「モーション」に入ります。一塁に投げようとしたりです。

何が問題かというと、その「モーション」がこちらの意図しない方向への「モーション」だと、さらにこちらの「モーション」に入るまでにワンクッション入ってしまうため、機敏に動いてくれません。

なので、ダブルプレーがとれなかったり、内野安打になったりします。

また、選択している以外の選手はカバーに動くので、こちらの意図しない動きが多いです。

走塁

走塁も「モーション」が大きいので、急に戻ろうとするとなかなか戻りません。内野のライナーで出てるとだいたいアウトです。

また、塁間で挟まれた時も切り返しが遅いのですぐアウトになります。

という訳で、自動で入る動きにかなり違和感を感じます。

リアルさを追求して、操作しづらくなってます。もうちょっとサクっと動いてくれていいのになと思いました。設定で変えられたりするのかな・・・。

結局は・・・

などといろいろいいましたが、結論としては「慣れ」れば気にならなくなるのかなと思いました。

また、最初に言ったとおり前年の実況パワフルプロ野球はプレイしてないので、この変更がいつから適用されているかはわからないです。


コメント

タイトルとURLをコピーしました