あの名作をスマートフォンでできる!シムシティ ビルドイットの基本的な遊び方

2015年02月26日(木曜日)

あの名作のシムシティがスマートフォンで遊べるというので早速入れて、人口が8万人になった規模の街まで成長しました。なので、簡単なプレイ方法を紹介したいと思います。

ダウンロード

iPhoneのダウンロードはこちらから

AndroidはこちらSimCity Buildit – EA

今までのシムシティとの違い

1

街名を決めたら操作のチュートリアルがあるので、基本的にはその操作をしていけばいいだけです。スーパーファミコンやプレイステーションの時と違うのは、

  • 住宅・商業・工業地区を設置するのではなく、工場で資材を生産(時間がかかる)→住宅を建てグレードアップしていく
  • 公共施設は建ててしまえば維持費はかからない。

というのが大きなところでしょうか。

公共施設は住宅をグレードアップするか税金で貰える「シムオリオン」を払えば建てられるものから、
都市が成長して都市の実績の星を獲得すると貰える「シムキャッシュ」(課金でも買えます)、
貿易船に指定された資材を渡すとくれる「」で建てられる3種類があります。

シムオリオンが一番手に入りやすく、シムキャッシュ・鍵は手に入りづらいです。「工場での生産に時間が掛かる」というのと「課金アイテム」がいかにもソーシャルゲームっぽいですね。

プレイの流れ

だいたいの流れは、

  1. 工場を建て資材を溜める
  2. 住宅を建てて資材を使いグレードアップしていく
  3. そのうち公共機関(警察や消防)をほしいと言われるので建てる
  4. 住宅が増えると足りなくなる電気水道などのインフラを増備する

の繰り返しになります。

私の街

現在の私の街はこのような感じです。

2

Facebookと連動させると友達が作った街にも行けます。私はやっと8万人になったのですが、始めたとき既に100万人を超えてる友達が・・・

道路が直線にしか引けないので、あまり個性がなくなってしまうのが難点ですが、ゲーム画面がすごい綺麗で、なにより動作がとてもスムーズなことが驚きました。資材待ち以外はサクサクプレイできちゃいます。

公式サイト

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。